電話応対を柔らかくするクッション言葉

公開日: : 最終更新日:2014/12/31 電話応対の技術

ed8d48ec-s

クッション言葉は言葉の前に添える思いやり

相手に何かをお願いをしたり、お断りをしたり、反対意見をいう場合などに言葉の前に添えて使用する言葉です。
「恐れ入りますが、」などがその代表的な用例です。
例えば、「ご連絡ください」というよりも「恐れ入りますが、ご連絡ください」などのように言葉の前にクッション言葉を添えます。
こうすると、文章が柔らかく聞こえ、お願いやお断り、反対意見をいうなどの言葉がきつく聞こえにくくなります。
ただクッション言葉を何度も使ったりや「恐れ入ります~」ばかりなど一種類のみを使っていては回りくどかったり、業務的に聞こえます。
では、実際にどのようなクッション言葉があるのか?

 

クッション言葉の一覧

お願いする場合

・失礼ですが
・恐れ入りますが
・お手数をおかけしますが
・お忙しいところ、申訳ございませんが、
・申し上げにくいことなのですが
・お手間をとらせますが
・お差支えなければ
・ご迷惑かとは存じますが

お断りする場合

・申し訳ございませんが
・せっかくですが
・あいにくですが
・まことに残念ですが
・期待添えませんが、

反対意見をいう場合

・失礼ですが
・恐れ入りますが
・申し上げにくいことなのですが
・申し訳ございませんが
・あいにくですが

などたくさんのクッション言葉があります。
3,4つほどを使い分けるくらいの技術は欲しいところです。

 

クッション言葉で応対をスムーズに

このようなクッション言葉を使うと結果的にコミュニケーションがスムーズになり、応対時間も短くなります。
またクレーム対応時に役立つでしょう。

では、最後に。
お手数おかけしますが、またこのサイトに遊びきてください。
失礼いたします。

 

ad

関連記事

d5e9a186-s

電話応対で早口になる症状を直す4つのポイント

コールセンターに勤めているとそれなりに早口の方がいっらしゃいます。 普段はそう速いくもないのに、電

記事を読む

ed8d48ec-s

電話応対は書き言葉ではなく、話し言葉を使おう

//   人間、少し賢くなると、ちょっと難しい言葉を使いがちです。

記事を読む

ed8d48ec-s

電話応対の復唱確認は大切です

単体復唱とまとめ復唱 電話応対の復唱は二つに分けられます。 相手の言うことをそのままおうむ返しす

記事を読む

ed8d48ec-s

電話を受ける前に準備すること

//   電話応対を初めてする人、苦手な人は電話を受けるのが怖いと思います

記事を読む

ed8d48ec-s

電話応対の3つの基本マナー

電話を受ける時のマナー メモを準備しておくこと 電話に出る前には相手方の情報をメモする為に電話機

記事を読む

d5e9a186-s

電話応対の7つのポイント。電話応対が苦手な人必見。

// 電話応対のポイント 一本の電話が会社全体の印象やイメージを決定づけるといっても過言では

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑