高齢者との話し方、間違っていませんか?

公開日: : 最終更新日:2015/01/06 電話応対豆知識

 

以前、ワールドビジネスサテライトで高齢者に対する話し方の企画がありました。

普段、みなさまは高齢者の方と話す時はどのようにしていますか?

多くの方が、「ゆっくり」と「はっきり」と話していませんか?

実はそれが間違いだということを知っていましたか?

実際に自分で聞いてみると分かると思います。

ゆっくり、はっきりと大きな声で話される言葉は聞き取りづらい。

今回はそんな話です。

 

高齢者は高音、低音の周波数が若い人に比べて狭い

高齢者の特徴として、高音、低音の周波数が若い人と比べて非常に狭いです。

だから、音程がぶれて聞こえる声は聞き取りづらいのです。

普通の人は「ゆっくり」話すと普段とは違う話し方のため、音程がぶれます。

「はっきり」と、「大きな声」で、もぶれてしまいます。

自然から離れた声は聞き取りづらいのです。

 

高齢者の方にも通じる話し方とは?

高齢者の方にも通じる話し方。

それは抑揚なく、淡々と、一定の音程で、話すことです。

ある程度、機械的に話すということになりますね。

こちらの方が音程がぶれずに、高齢者の方も聞き取りやすいのです。

 

電話応対をする時には?

電話応対をする時には、普段通りのしゃべり方で良いです。

ただ基本早口の人が多いので、少しゆったりとしたペースを心がけましょう。

「ゆっくり」はダメですが、普通のペースはOKです。

そして高齢者の方が聞き取りづらい、という風な反応を見せたら、

淡々と機械的に、棒読みで、音程の幅を少なく話してみましょう。

今まで、高齢者の方との電話応対で苦慮されていた方、どうぞ試してください。

 

 

 

ad

関連記事

d5e9a186-s

好感度があがる電話応対の仕方

// 当然ながら、電話応対では滑舌が重要 電話応対において好感度の高い応対は目指すべきところ

記事を読む

d5e9a186-s

会社全体で行う唱和練習はマイナス効果もある

//   どの会社でも、唱和練習は行います。 特に電話応対をメインさ

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑