好感度があがる電話応対の仕方

公開日: : 最終更新日:2015/01/06 電話応対豆知識

当然ながら、電話応対では滑舌が重要

電話応対において好感度の高い応対は目指すべきところです。

電話応対をする上で大切なのは、『言葉を伝えること』です。

その上で滑舌は非常に大切です。

滑舌については母音法が非常に有効です。

⇒最強の滑舌練習法『母音法』

次に声は小さくても、大きすぎてもダメです。

 

電話応対では声の大きさも重要

声が小さすぎる人は腹式呼吸などで肺活量を鍛えましょう。

すると、話すのが楽になって電話応対が安定してくるはずです。

大きすぎる人は相手との距離感を考えてください。

大きすぎる人はもっと近くの人に話しかけるように、意識してください。

意識。これが非常に大切です。

意識がいずれ根付いた時に、

ちょうど良い大きさの声がでるようになるはずです。

意識を明確にするには、実際に自分の声を聞くのが良いです。

会社に電話応対の録音があるのなら、一度聞いてみましょう。

 

電話応対では速度も重要です

滑舌、大きさときたら、次は速度です。

電話応対でゆっくりすぎるという人は、

私自身、あまり見たことはありません。

おそらく少数派になるでしょう。

多くの人は早口で話してしまいがちです。

その時は、背筋を伸ばして落ち着きましょう。

また録音などを聞いて、自分の速度がどれぐらいか知りましょう。

自分を知ること。それが成長の第一歩です。

⇒電話応対で早口になる症状を直す4つのポイント

相手の話に割り込まないようにしましょう。

『間』というものがあります。

どうしても割り込んじゃう人は、

相手が喋って一拍おいて話すようにしましょう。

その際、あいづちはとてもいい効果がでます。

実際にうなずく動作を行うべきです。

『間』は極めようとすると難しく、私もまだまだです。

まずこの『無音の言葉』を意識すると、

応対がスムーズになり、説得力が増すことを知りましょう。

 

電話応対は笑顔でしましょう。

笑顔で話しましょう。

顔を実際に笑顔にすると声は「笑声」になり、

ふくらみをもちはじめます。

この「笑声」は印象がよく、とても電話応対では役立ちます。

うまく笑えない人は毎日鏡の前で作り笑顔をしましょう。

表情筋が固いと、声まで硬くなります。表情筋の柔軟は大切です。

⇒電話応対は基本笑顔ですることが大切です

 

電話応対では肯定文を意識して使いましょう。

否定文は肯定文に、命令文は依頼文に変換して話しましょう。

「~ではないですか」=「~ですね」

「~してください」=「~していただけますか?」

言葉を肯定文、依頼文にしただけで全体の印象がよくなります。

 

 

ad

関連記事

d5e9a186-s

会社全体で行う唱和練習はマイナス効果もある

//   どの会社でも、唱和練習は行います。 特に電話応対をメインさ

記事を読む

d5e9a186-s

高齢者との話し方、間違っていませんか?

//   以前、ワールドビジネスサテライトで高齢者に対する話し方の企画

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑